1. pinterest
  2. twitter
  3. linkedin
  4. facebook

自社在庫品。 六角穴付ボルト 全ねじ M12X60 【50本】 キャップ CAP 6角 6カク bolt nut 八幡ねじ ネジ 6カク 六角穴付ボルト bolt nut 全ねじ 6角 自社在庫品 50本 八幡ねじ キャップ ネジ CAP M12X60 6カク 六角穴付ボルト bolt nut 全ねじ 6角 自社在庫品 50本 八幡ねじ キャップ ネジ CAP M12X60 自社在庫品,六角穴付ボルト,全ねじ,M12X60,50本,キャップ,CAP,6角,6カク,bolt,nut,八幡ねじ,ネジ 自社在庫品,六角穴付ボルト,全ねじ,M12X60,50本,キャップ,CAP,6角,6カク,bolt,nut,八幡ねじ,ネジ 自社在庫品。 六角穴付ボルト 全ねじ M12X60 【50本】 キャップ CAP 6角 6カク bolt nut 八幡ねじ ネジ

自社在庫品。 六角穴付ボルト 全ねじ M12X60 【50本】 キャップ CAP 6角 6カク bolt nut 八幡ねじ ネジ





【特長】六角棒スパナで締付けるので、頭部を埋め込み式にしても使用でき、胴の全体にねじが切ってあリます。合金鋼に熱処理を施し強度を高くしてあります。メッキはしてありません。規格はJISB1176をご覧ください。【用途】金型、機械、車両等の一般的な締付けに用い、六角ボルトより強度が必要な締結に用います。又機械類の位置調整用にも用います。常に油のかかる環境下か耐食性を必要としない場所に使用します。●この商品は、当店以外でも販売していただいている商品です。タイミングにより、ご注文後在庫切れになる可能性がございます。その際からご連絡差し上げます。予めご了承のほどお願い申し上げます。●商品画像はイメージ画像です。実際の商品とは色目、長さ、大きさなどが違います。

YHTCODE:00010510120060

お知らせ

成果報告会オンラインページをリニューアルしました!

 例年、当センターでは7月の成果報告会において、研究員から皆様に研究成果を直接ご紹介させて頂いておりましたが、COVID-19感染予防対策として令和2年度より対面での開催を断念し、それに代わるものとして成果報告会オンライ …

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策へのご協力について

秋田県産業技術センターでは、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を行っております。 本県は高齢県であり、重症化しやすい高齢者の感染は命にかかわることにつながります。 こうした状況を踏まえ、引き続き県外の感染拡大地域からの …

電源周波数磁界イミュニティ試験装置を導入しました【株式会社テクノサイエンスジャパン】

 本設備は、商用電源線や変圧器から発生する磁界を受けた製品が誤作動を起こさないかを検証する装置です。 医療機器やマルチメディア機器に求められるIEC61000-4-8規格の試験を行うことが可能です。 誘導コイルのループ径 …

共同研究成果のご紹介(WC-SiC硬質セラミックスの製品化!)

 当センターと日本ハードメタル株式会社様との共同研究により、開発した「WC-SiC硬質セラミックスを母材とするダイヤモンド電着工具」が製品化されました。本電着工具では、摩耗後、ダイヤの再電着が可能となり、母材を再利用する …

3D形状計測システムを導入しました【東京貿易テクノシステム VMC7000Mほか】

 本設備は、製品形状のデジタル化およびそのデータを用いた形状検査・リバースエンジニアリングを行うために使用します。 設備構成は以下のとおりです。  ①多関節測定装置(東京貿易テクノシステム VMC7000M)  ②フルカ …

 本設備は機械加工・接合・成形などによって生じる残留応力を非接触・非破壊で測定することが可能な装置です。  cos α法を採用しており、2次元検出器を用いてデバイ環(回折環)を取得することが可能で、そこから残留応力、半価 …

昨年度実施の共同研究に関するアンケートを実施しました

本年7月、昨年度当センターと実施した共同研究について、実施先の皆様からご協力いただき、アンケートを行いました。 アンケート結果はこちらからご覧ください。 お寄せいただいた声をもとに、当センターでは今後の業務向上に取り組ん …

ベント式射出成形機を導入しました【㈱日本油機,日精樹脂工業㈱】

本設備は以下の特徴があります。 電動式射出成形機とベント式可塑化ユニットで構成されています。ベント式可塑化ユニットは、加熱シリンダ中央部にベント孔があり、材料溶融中に発生する水分、ガス、残留モノマーを脱気できます。 材料 …

秋田県生産技術研究会のご案内

 当センターが活動を支援している「秋田県生産技術研究会」をご紹介します。  本研究会は工業の生産技術に関する研修、試験研究等を通して、新技術の開発、技術力の向上、人材養成を図るとともに、産・学・官の連携強化等により本県工 …

アーカイブ

PAGETOP